バックナンバー No.311〜No.320 編

戻る


No.320  2014/11/30     今年もサンタさんからの贈り物が届きました  


         明日から師走です

         友人から「はい クリスマスプレゼント」とこんな可愛いステンドグラスが届きました
         光を当てて、おとぎの国のようなお家に灯りをともしましょう。
         「ただいま〜」と帰ってきた時に心が暖かくなるよう・・玄関に・・・・

         



 

No.319  2014/11/11     洛西ニュータウンの紅葉の美しさにうっとり  


         洛西ニュータウンに移り住んで36年がたちました。

         街路樹も成長し若葉や秋には紅葉を私たちを楽しませてくれます。

         今朝は急に寒くなり、冬の気配がします。

         「今日から、主人とではなく暖房と仲良くしようかな〜」

         「あ〜一日がが早い! 一か月が通り過ぎていく! 新しい年を迎えればめでたくもない誕生日が来る!」

         やっと今の年齢になれたところなのに・・・
   





No.319  2014/11/8(土) 松明の中は花束です   


          

         赤目街道から赤目四十八滝を歩いてきました

         近鉄赤目口駅から、赤目四十八滝入り口 日本サンショウウオセンターへの道のり

         途中、極楽寺に立ち寄ると、奈良二月堂の松明について説明をしていただき、特別に松明の中を見せてもらいました

         感激!      驚き!

         この花がたいまつの炎となり火の粉になり人々に幸せを願って降り注ぐ・・・

         日本サンショウウオセンターでは、一時人気のあったウーパールーパーにもあってきました


No.318  2014/9/22・23(日・月))       登山と観光東北の旅(6・7日目)戸隠蕎麦三昧のはじまり   


         山形を跡にして戸隠へ 

         今日から2日間は観光♪♪気持ちは今日の天気のように快晴です

         戸隠に着いて”極楽坊”奥社前にある”なおすけ”と蕎麦処を梯子する。お腹がう〜ん11分目です

     

         宿に着くと、おばちゃん手作りの餡子とお茄子の入ったおやき・まめ煮・お漬物がテーブルにずらり
         美味しそうだけれど、夜もお楽しみがあるので、今食べると・・・と迷ってしまします。
         ところが友人は”ぱくり”口の中に


         PM:8:00 おとなの時間です。 そ〜と宿を出て蕎麦屋のご主人が趣味で開いているお洒落なショットバーへ

         目の前には数えきれないほどのボトルがずら〜り。関西のおばちゃんが急に上品な奥様に変身!
         ジャズが流れる中で、マスターの戸隠の歴史を語りに酔いしれて、飲めない3人もにこの町で一番古い貴重なウイスキーを美味しく頂きました

   


         しばし、現実から離れて優雅な時間が流れて行きました。

         帰り道、星が輝き、鳥海山で見た天の川を思い出しました
         心地よい気分で思わず腕を組み・・
         ロマンチックなひと時? イイエ〜 暗い中こけたら大変です。老々介護ではないけれど、山でこけなかったのに、平地で怪我しては大変と手をつないで宿へ

         翌朝、
         5:00 戸隠きっての人気店。中社前の”うずら家さん”予約を取りにいきました。予約をしないで行くと2時間待ち当たり前です。

     

         7:00 鏡池に映る戸隠岳・九頭竜山、爽やかな風”フゥー”と深呼吸する。音はシャッターの音だけです
            この雰囲気の中でおやきや紅茶は極上のモーニングです。

         10:00 待っているお客さんの羨望を一身に受けスター気分で一番乗りで入店
             なんといっても蕎麦がきが絶品!! 口で表現できないほど美味しい。是非、一度食べてみてください

         船から始まった今回の東北の旅、思い出が一杯、初めて体験も沢山してきて、大満足の一週間でした。
         友人家族に感謝です。
 

No.317  2014/9/21(日)       登山と観光東北の旅(5日目)鳥海山   


  

         山の足跡・鳥海山のページへ 
         今回の旅でメインの鳥海山登山。気持ちを引き締めて早朝スタート 
         鳥海山大物忌神社(ちょうかいさんおおものいみじんじゃ)から岩場を20〜30分をなんとか登りきり鳥海山登頂を達成!
         狭い山頂で順番待ちをして、達成感と無事ここまで登れた喜びの記念撮影をする
         この後、私にとって恐ろしい事が待ち受けているとは知らず
         洞窟のような、岩と岩に挟まれた間を降りていく。
         足は短くはないけれど、背が低い私にはどうしても次の岩に足が届かない箇所もあり足場を探しながら慎重に降りていく。
         緊張の糸が切れそうで、涙目に、もう限界!
         なのに目の前の”胎内くぐりの狭い暗い道に入っていく。
         もう一歩も歩けない。胎内くぐりを抜けたところの岩場でへたり込んでしまいました(写真)おやつを食べた後なので笑っていますが・・
         その後は、外輪山をまわりました。**fantastic view**先ほどの恐怖は何処へやら
         あるところまで来ると、思わず「ヤッホー」と叫びたくなりました。すると、綺麗な声がそのまま「ヤッホー」とこだましてきたのです
         山彦です。続いて2人で3人で叫んでみると、ナントも言えないハーモニーが返ってきました。一同感動!
         もう一つ体験したのは、目の前でヘリが人を吊り上げ救助しているのを見ました。ヘリのブルンブルンの音の迫力に怖かったです。
         景色を堪能しながら歩いたので、下山は予定より遅くなり、日没前ぎりぎりでした。

         宿は連泊で、その夜のビールは最高でした。

  No.316  2014/9/20(土)       登山と観光東北の旅(4日目)月山   


  

         月山 山の足跡・月山のページへ を下山し、明日登る鳥海山麓の宿へ車で向かう
         知らない道をカーナビを頼りに約100kmの走行です。 
         宿に着いた時は、辺りは暗くなっていました。運転お疲れ様です
         さあ!お楽しみの夕食です
         ジャーン!!
         私の前には伊勢エビ?に負けない位の超特大海老がドーンとお皿の上に、チーズと共に焼いてありました
         「う〜んデリシャス」他のメンバーはお肉です
         肉の嫌いな私の為に友人が宿に頼んでおいてくれていたのでした。”うれしいね〜 この心遣い”
         お風呂に入り、疲れを癒し、明日は早いのでと思っていたら、男性陣が外から帰ってきて、「星が綺麗!」
         慌てて、寒いのに外に飛び出して行きました。まあこんなに☆ってあるんだ・・しばし見とれていました
         ふと我に返ると、立っている場所は車道のど真ん中です、慌てて宿に引き返しました
         その時、車のライトが目に入ってきました
         「おお危な〜 おお寒〜い」

         天の川に明日の成功をお願いして「おやすみなさい」
                   



  No.315  2014/9/19(金)       登山と観光東北の旅(3日目)蔵王   


  

         今日は蔵王(熊野岳)を登頂し 山の足跡・蔵王のページへ
         下山後、明日登る月山の麓の宿へ車を走らせる
         宿に着き疲れた体を癒してくれたのは、手作りの木のお風呂です 
         湯船につかりながら、木の隙間から外を見ると、緑一面の高原の景色は格別です
         その後
         レストランには、ピアノがありその上には、オーナーの趣味?アルパカの敷物が・・・そーっと触れてみる”フワフワ夢心地”
         コース料理が一品ずつ運ばれてきます。夕食と言うよりディナーの方がピッタリ!、山に来ているのを忘れそう・・・
         サラダはもちろん自家製の野菜です。シャキシャキ、モグモグ・・
         クラムチャウダーが運ばれ、一口、 「う〜ん」全員が「美味しい〜」「こんな美味しいのは初めて!」
         料理好きの一人が作り方を聞きますが、「シーフードと*+@Дш」そりゃあ味の決め手は企業秘密ですよね〜
         それでも、”あまりの美味しさ”感激が止まらす”美味しい”の連発です
         メインも出てしばらくすると、「今日は特別にシェフがもう一度作りましたと、クラムチャウダーがテーブルに運ばれてきました
         一同ビックリ! シェフの心遣いに感激しきりです。

         食後は、寛ぎタイム。ソファーに座り持参したオーディオで70年代の曲や歌手名当てで盛り上がる。同年代の私たちは若かりし日の思い出に浸り至福の時間
         でも、明日の登山の為に9時で切り上げて Go to bed !                    


  No.314  2014/9/18(木)       登山と観光東北の旅(2日目)フェリー    


 

         モーニングは手作りのサンドイッチ&紅茶を窓から大海原を見ながら優雅なひと時
         その後はお風呂へ・・小原庄助さんの気持ちがよくわかる・・ 
         ランチはバイキング・・・その後、シアタールームへ

         山岳遭難救助をリアルに描いた山岳ドラマ「岳」の映画を鑑賞し感動する。船に乗っているのを忘れそう 
         仙台港に16:40着 名古屋港と違ってここにはお店が沢山あったので
         夕食は、イオン内で海鮮丼とお刺身を頂きました。新鮮で安くて、美味しい〜。 
         その後、蔵王温泉まで車を走らせる。到着が遅くなったにも関わらず、優しいスタッフの人たちに迎えてもらいました
         明日からの山登りに備えて露天風呂に入り早々と就寝。                                                

  No.313  2014/9/17(水)       登山と観光東北の旅 (1日目)フェリー    


 

         19:00 名古屋港発 目の前で見ると壁かと思うくらい超特大の太平洋フェリー”いしかり”乗船
         出発前からお腹の調子が悪い私は、夕食のバイキングを控えめにしていたのですが 
         マンゴープリンを見たら思わず山盛り食べてしまい、又お薬のお世話になりました反省!!

         大きなお風呂に入り、ピアノ・バイオリンのコンサートを聴き、豪華客船に嬉しくて
         高鳴る気持ちを抑えて旅の初日は、プライバシーが保たれたベットで”おやすみなさい”                   

                                     

   No.312  2014/8/17       サギ草が咲きました    


 

         去年咲かなかったサギ草がしばらく家を留守にしている間に咲きました
         咲かすポイント1 ★環境を変えない ポイント2 ★たっぷりの水 
         友人に教えてもらい今年は咲きました。嬉しい!

   No.311  2014/7/26       3DAYチケットの旅  和歌山へ 無人島「友が島」    


  

         私鉄沿線をフリーで使える3DAYチケットの旅
         今回紀淡海峡に浮かぶ友が島に行ってきました

         出来るだけ遠くへ出かけるとお買い得感があってなんだかそれだけで嬉しい〜
         この島は、元軍事要塞で、砲弾跡が数か所ありました。
         一度足を踏み入れると、迷路のような道があったり
         ライトをつけないと足元が見えなかったりちょっと怖い思いもしました

         周りが海に囲まれ、時折爽やかな風を受けて気持ちよい山歩きでした
         でも暑かった〜。
         帰りはフリーチケットを使って電車に乗って寄り道・・ビールで乾杯! 美味しい〜
         よく遊ぶね〜自分でも認めてます。