バックナンバー No.211〜No.220 編

戻る





hanasaka

2011/11/11    ≪うたかたの 花の夢≫        No.220




     大枝中学家庭教育学級の
     朗読サークル”木もれ日Genji”(桂坂社会福祉協議会所属)
     源氏物語朗読劇を鑑賞会の行ってきました

     ・・若き源氏の君が恋心を抱いた藤の宮は父帝の后・・・・
     ・・・・太政大臣の長男・柏木が恋い焦がれた内親王・女三宮は源氏の君の正妻に・・・・
     柏木は源氏を尊敬し可愛がられた存在でした
     源氏は自分の身にふりかかり、初めて父の寛大さに気づく・・・・

     朗読劇の横に飾られていたパッチワークは、PTAの保護者が作成されたのでしょう・・・
     





2011/11/10  いつの日かを夢みて  No.219

     最近体調が悪くなるのが多くなり健康に不安を覚えるようになりました
     運動嫌いな私は、意をけっしてヨガを始めました
     まあストレッチに似ているように思いますが、心穏やかにして
     目を閉じて静かに音楽を聴きながら無になる時間があります
     「頭の中は空っぽにしてください」
     「何か頭に浮かんで来たら他人事だと思ってください」
     先生のこの言葉・・わかりやすい・・・

     まあこれからは、健康のために少しは時間を使うことにしました
     好きなことをする為に嫌いな運動も頑張れる レッツ ゴー!      





2011/10/21    断捨離(だんしゃり)      No.218


     今、だんしゃりにハマっています
     始めたきっかけは・・
     家も30年も経つとあちこち傷んできます
     昨年の夏にお風呂やトイレをリフォームしてこれで当分は住めると思っていたのに
     先月 階段に穴が開きやもう得ず修理しました
     その時に花壇から土が漏れていたのが気になっていたので見てもらうと

     裏の家との境のブロック塀が倒れかかっていたのでした
     すぐさま取り替えです
     費用が掛かるのも頭が痛いのですが、物置を除けるために、
     中のものを出さなければなりませんでした
     出てくる出てくる不用品。いつか使うだろうと思っている品々が続々と
     いつになったらそのいつかが来るのでしょう
     この際、思い切って処分することにしました

     その時期にタイミングよくTVで不要なものを整理する術の番組がありました
     「ときめく物だけを残しておきましょう」
     片づける手順を録画し、整理し始めました
     「今家の中を整理している」 「あ〜だんしゃりしてるの?」

     「うん」聞いたことある言葉だけれど・・・「どんな字書くの?」
     「絶つ・捨てる・離れる で断捨離」なるほど

     断捨離を初めて2週間くらいなりますが、私自身の物がが多いこと・・・
     まあ要らないものをよくもここまで集めていたものだと
     深く反省しています
     若い時は、あれも欲しいこれも欲しい・・今は欲しいのは健康と時間だけです

     体重は軽くならないけれど、身の回りは軽くしようと、今も断捨離中です      





2011/10/21    友達のともだちは皆ともだち      No.217

            

     夏は暑いから北海道で過ごすという優雅な友人がいます
     ナント今年は4ヶ月も滞在
     京都に帰ってきたので、もう一人の友人と3人で
     石焼釜で焼いたパリパリの美味しいピザのお店へ出かけました

     そこに居合わせたお洒落なステキなご夫婦と話す機会があり、名刺交換をしました
     住所を見ると洛西ニュータウンの近くでした
     「お住まいはどの辺りですか?」 と尋ねると、なんと友人の斜め前の家でした
     「もう一人とても親切な人・・・」 親切な人と言えばこの人しかいない!
     まさかと思いながら「○○さんですか」と言うと
     「その人です!」と答えが返ってきました
     「えー!」○○さんは我が家と家族ぐるみで付き合っている人でした

     名刺に目を通してみると”高蔵染め”と書かれていました 何だろう?
     「どんな染めですか?」と何気なく聞いてみました
     「高蔵染めをしている作家さんが月末に家に来られるので遊びにきませんか?」
     「え〜良いんですか? 行きます!」 まあ遠慮の無い私は即答です

     ピザを食べに行って、初めて会った人が、私と共通の知人だなんて
     世間は狭いですね〜

     それから大騒ぎしたお猿でしたが御用となり、もとの平和な町内になりました。
     会えなくなると、ちょっと寂しいです      





2011/10/8    初めての運動会             No.216


     秋晴れの下
     孫が通っている保育所の60回目の運動会に朝7時24分のバスの乗って・・・主人と行って来ました
     すごいと思いませんか?私が1才の時からの行われている運動会です
     交通の便が良いのに、大きな園庭と歴史を感じさせる平屋の木造の園舎でした

     長男からは「絶対名前呼んだらアカンで」と何回も念を押され口にチャックをしての応援です
     端っこに敬老席が設けてあるのを主人が目ざとく見つけました
     まだ若いので?座るのを躊躇しましたが、主人は足のリハビリ中で私も膝の治療中なの座らせてもらいました
     遠慮気味に最後列に座り、人が通り易いようにと席を後ろにずらして・・ところがこれが失敗でした
     写真を撮ろうと爺ちゃん婆ちゃんが私たちの座っている前に立ってカチャ・パチリ・・と
     こちらも見えないので立ったり座ったり、と後ろから見ている人は迷惑だったでしょう

     ・・あんなに泣き虫の孫が一生懸命おゆうぎしているを見てたくましくなったと嬉しかったです
     帰ってからは同日に行われた長女の孫の運動会をビデオで見せてもらいました

     驚いたのは長男が又新しい言葉を話しています。
     子供の成長はすごいです。元気だと思っていた私ですが年を感じました。
     別に孫と張り合っているわけではないのですが・・体調が悪いと気弱になります





2011/10/2  お宮参りは三月目      No.215

     一月目のお宮参りは、猛暑真っ只中「延期しましょう」
     二月目のお宮参りは、主人の骨折で「延期しましょう」
     とうとう次男の歩君はもう三ヶ月を過ぎてしまいました

     でも、この日は天候にも恵まれ又ラッキーな事に大安でした。
         
     長男は相変わらず活動的でじっとしていません。
     階段なんてこの通り・・こけるのも、慣れたものでへっちゃらです
     2才にもならないのに言葉も沢山話せるようになり
     お姉ちゃんと”ハイタッチ!”とこんな事もできるとばかり嬉しそう

     当の本人は、泣く事もなく静かに眠っていました
     年のせいでしょうか?はしゃぎ過ぎた結果、私は疲れを引きずって寝込んでしまいました↓

2011/9/29     骨折三人組の第一回目の同窓会           No.214

     よほど楽しかったのでしょうね病院生活が・・・

     今日はリハビリの日です。
     以前骨折で入院していた気の合うお友達同士で病院で待ち合わせて杖と共ににレストランへランチに出かけました
     その後我が家でコーヒータイムです

     一人は楽天家、その気質を持ちながらも気の会う人とだけお付き合い、気の会わない人はさりげなくお断り

     もう一人は記憶力抜群で話上手で話題提供の第一人者です。
     ”えーなんでそんな事まで知っているの”と情報はかなり広範囲です
     プラス主人です

     入院中、毎日通ったおかげで私も興味津々で話の輪の中へ
     「本当に楽しかったですね〜皆さんのおかげで」
     「病院で知り合った人達とこんな風にまた会えるなんて」
     50、60、70代の3人ですが、まるで学生が教室でわいわい騒いでいるようです

     「入院もいいものですね〜」?聞き捨てならぬ言葉
     「若い女の人に優しくしてもらって、看護婦さんは本当に優しい」ととっても嬉しそうです
     「もう一度入院しますか?」
     「入院しているメンバーによりますね〜」・・本気だ!!!
     そこですかさず主人が
     「今度ボルトをぬく為に手術しますのでその時一緒に入院しませんか?」
     

2011/9/24            リハビリあるのみ           No.213

     おかげさまで主人は9/22で松葉杖を使わずに歩いて良いと診断がありました

     昨日は久しぶり秋晴れで爽やかな日でしたので、主人と一緒に散歩に行こうと思いましたが
     玄関から出たところで立ちすくんでいました。どうも足が痛いらしく、私だけが散歩に行きました

     長い間使わなかったので筋肉が衰えて力が入らないのでしょう

     まあ、それは日にち薬であせらずにリハビリに励んでもらいましょう
     当然、毎日家の中過ごすのですからどうしてもTVを見る時間が多くなります

     英語は得意でないのに洋画を見たり、友人から借りたDVDのクラッシックコンサートを見たり
     昨夜も”あのころに戻りたい”
     と100キロ近くある体重を若い頃に・・・という内容のダイエット番組を一緒に見ていました

     若い時から太めの私は「若い頃に戻っても同じだわ」と言うと
           「良かったね、昔も今も同じで」と主人が嬉しそうに笑いながら言う
     カチーン!!!
     「失礼な若いときから10キロも増加しています!!」
     私しか相手がいないので、こうしてストレス発散しているのでしょうか?

2011/9/21     よく寝る人は太る・・その先に待っているのは     No.212

     9/17 SKYフェスティバルのおいて 「生涯現役の為の食事と運動」のテーマで
     京大大学院教授 森谷 敏夫氏の講演会がありました

     容姿は読売テレビの辛坊さんのようで、講演はジェスチャーを交えてまるできみ麻呂を見ているような楽しいステージでした

     「生活習慣病」は「運動不足病」
     なぜなら昔はどこへ行くのも歩いて・・TVのチャンネルを変えるのもリモコンのない時代でした
     又和式のトイレは、スクワットを毎日数回、知らずしらずにしているようなもの

     昔も今もエネルギーの摂取量が変わっていないのに日々便利になった事による、運動不足が
     肥満者を増やしています。

     そうならないための
           ★★ 7ヶ条 ★★
     @ 1に運動2に運動・・・5に運動
     A 階段を使う
     B ストレスをためない
     C 歩幅を大きく”ぐいぐい”歩く
     D 長電話の間に出来るスクワット
     E 快食・快眠・快便・よく笑う
     F お腹のたるみは、心のたるみ・・・私はめちゃめちゃ心がたるんでま〜す

     救いの言葉が一つありました
     「細くて運動しない人よりも太ってても活動的な人の方が病気になりにくく、
     死亡率も低いデータが8年間の追跡調査で出ています」
     私はこの言葉を信じ実行して行こうと心に誓いました。
     

2011/9/13     困っています・・何か良い策はないでしょうか?     No.211

     犬も年齢と共に我慢が出来ないのかオシッコが公園に行くまで持ちません
     公園まで5分とかからないのに、住宅の前の道路でしてしまいます

     ペットボトルに水を入れて持ち歩いて流すのですが、流しているのか、範囲を広げているのか、微妙です

     思索として自宅でするように、本人のオシッコを染ませたシートを目の前に置いてみてはどうだろうか?
     今日、早速試してみるが、散々家でウロウロしたけれども、反応なしでした。

     あきらめて、公園へ
     すると今日はどう言う理由か、公園の中のそれも随分歩いてから、
     気持ちよさそうにジャァーとすまし顔    「もうどうなってるの!!!」
     家で排泄する良い案はないでしょうか?
     悩んでいます