バックナンバー No.181〜No.190 編

戻る


   2011/5/9        母の日                     No.190

     
     5/8母の日
     地域の一斉清掃日でした
     ちりとり片手に集合場所へ

     定刻前には既に掃除が始まっていました。定年を迎えた人が多くなってからは例年早くなる傾向にあります
     まあちょっと手と口のどちらがよく働いているかわからないのですが

     「参加することに意義がある」
     動いてない人程、この言葉に大きく頷いている
     公園が綺麗になって、楽しいひと時でした

     午後から、娘夫婦が花の好きな私にプレゼントを持ってきてくれました手作りのパンと一緒に
     「花の名前なんだったけ??」大好きな花なのに思い出せない
     「ヒントに花の最初の文字教えて」「ば!」
     「わかった! バーべナ!」「正解!」
     「すごーい!」娘のこの言葉にちょっと得意顔の私・・ありがとう

   2011/5/5     第174回 鴨川をどり                 No.189

     
     午後から友人と鴨川をどりを見に出かけました
     都をどりは昔むか〜し行った事はありますが、鴨川をどりは初めてです

     人で溢れかえっている先斗町を歩く。昼時なので昼ごはんの呼び込みの人をすり抜けて歌舞練場へ

     出かける前に昼食をとる時間が無かったので、座席券をを交換してから豆もちとお茶を買って
     鴨川を見ながら、ちょっと遅い昼食です

     舞台劇と四季を織り成す踊り絵の二部構成で舞妓さんの凛とした振る舞い、華やかさ
     人々を魅了した舞台でした

     時折後ろの座席のおば様二人の必要の無い解説が聞こえて来たことが少し残念ですが・・
     優雅なひと時を過ごせました。そして
     何だか日本人が忘れていものを垣間見たような気がしました
     「一年に1回位こんな時間が持てたらいいね」と言って「バイバ〜イ」
     

   2011/5/5     こどもの日・母の日                 No.188

     昨年の1月男の子に続いて、今年の6月にも男の子を孫に迎える予定です
     最近は近所でも鯉のぼりが揚がっているのを見かけません

     此処にも高齢化のあらわれでしょうか

     毎日が日曜日で、大型連休も・・・ピンとこない・・・
     こどもの日も孫たちはお出かけでお祝いも忘れそうです
     「ちょっと早いですが」と先日、息子夫婦から母の日のプレゼントをいただきました
     ちょっと心配げに「もってられるかも」と手渡されたのは・・ジャーン!!
     「何これっ?」

     家に帰って使ってみると とっても優れものでした
     今までは、スプーンを使って蓋と瓶の間に空気を入れてみたり、
     お湯で瓶を温めてみたり、最後の手段は、釘でキャップに穴を開けてました
                         道具ですね〜 いとも簡単にキャップが開きました
                         プレゼント選びは大変です
                         ??喜んでもらえるだろうか?? なんて今まで悩んで贈ってきました
                         私も子供からお祝いを頂く年齢になりました・・ありがたい事
     

   2011/5/3     なぜ忙しいの?                   No.187

     黄砂か花粉か知らないけれど空はどんよりしています
     65過ぎの奥さん?と公園で会い、一緒に犬の散歩にいきました

     「一年ぶりに○○さん宅へ行ってきたわ」
     そんなに遠く出ない友人なのに・・「忙しいんやね〜」
     「週に3回医者通いで、行けば待たされて半日かかるし、帰ったらくたくた」
     「病院通いで忙しい」
     「若いときに働きすぎたつけが今来てる」
     「時間が出来たら編み物しようと思って毛糸を残しておいたけれど、根気がなくなってしまって」
     「知っている人にも沢山病院で会うよ」
     「出来る時にしたい事はしておかんとアカンわ」
     「主人との会話も病気とか薬の話ばかりで、娘からはうっとしがられるし」
     私も60過ぎて、体の変化を感じてきてます
     夫婦揃って元気でないと、楽しい人生送れない。無理は禁物です
     若いときは”今日しなければならないことは今日中に”をモットーにしてきましたが
     今は♪♪明日があるさ明日がある♪♪の精神で、出来なかったことは明日へ明後日へ・・その内忘れます

   2011/4/30     ご近所さんのお引越し                No.186

     猫の手になれば・・・と新居に出向きました
     とはいっても引越し屋さんが来ますから、邪魔にならないようにと心がけて

     ついこの間「引っ越してきましたのでよろしく」とお母さんと一緒に挨拶に来た男の子が
     今は22才です。 18年の時が流れていたのです
     この家族が海外転勤されたの時に遊びに行き、これがきっかけで、英語に興味をもちました。
     動物好きの影響も受けて我が家も犬を飼いはじめ、私の人生に多大な影響と楽しみを教えていただきました
     寂しくなりますが、「出会いがあれば必ず別れが来る」お元気で・・・そしてありがとう・・・

   2011/4/26       舞妓さん                    No.185




   


     どうみても美しいとは思えない三姉妹で食事会へ行ってきました
     食事を終えて庭を散策しようと部屋から出ると
     なにやらがやがやと大勢の人がカメラ片手に待っていました
     しばらくすると舞妓さんが登場!

     舞を二つ披露し、質問コーナーがあり記念撮影に応じてもらえました
     ラッキーなのかアンラッキーなのかわかりませんが・・・
     逆光で私の顔はご覧のとおり
     3人寄れば何とやら楽しい一日でした
                    こんな日に限ってカメラを忘れ、携帯で撮影です
    





   2011/4/22  出た〜 我が街にもお猿が!                No.184


    今朝6時30分
    主人がバス通りを歩いていると二匹のお猿が仲良く歩いたそうです

    お猿の前から人が歩いてくると、慌てて木の登っていきました
    畑をあらされて困るというのを聞きますが
    我が家から数分のところまで忍び寄ってきている〜

    近所の友人に話すと
    「私の家の塀を歩いているのを見かけてよ〜」
    「会いたかったわ〜」
    なんて興味深々です
      

     2011/4/11  山の登り方                      No.183

    小塩山へカタクリの花を見に行ってきました
    カタクリの花を小動物から守ってくれているおじさんが教えてくれました
    上り方は「足を右、左と出して歩く」
    「日本の山の良いところは?」「何だろう???」と考えていると
    「海外と違って国境を越える心配が無い」全員爆笑

     別れ際には
    「疲れが出る2時〜3時は足が弱っているのでこけやすいから気をつけて帰ってください」
    ところが案の定メンバーの一人がこけましたた
    思わず「今何時」
    「2時過ぎ」またまた爆笑です
    昼から雨の予報でしたが天候にも恵まれカタクリの花が見られてました
    車に乗り込んだ途端雨が降り出しました。ギリギリセーフ
    

     2011/4/9  主夫の♪気持〜ち♪                   No.182

    「趣味が料理です。」と口癖のように友人は言う
    ご主人が料理作りが大好き
    本当だろうか?
    半信半疑???の私です

    今日、このご主人がしみじみ発した、この一言で立派な主夫とわかりました
    我が家の犬をみて
    「ご夫婦で出かけるとき犬の餌はどうするんですか?」
    「イヌは、一日2食で、朝と夜だけだから日帰りで出かけるのはOKです」
    「へえ〜 貴方も一日に二食にしたら」と奥様に問いかけていました
    食事の担当の私も「犬のように一日2食ならどんなに楽だろう・・・」と
    何回も思いましたので、ご主人の気持ちがよ〜くわかります
    本物の主夫だぁ〜!!!!!
         

     2011/4/4  一ヶ月ぶりです                     No.181

    2月の末にブログを終了したのを機に、ホームページを刷新しようとHPの更新をお休みにしました
    どうせ変えるなら、買ったままになっていたビルダーに挑戦しよう
    本を片手に始めてみましたが失敗の連続です

    気分転換に山の写真を見に美術館へ
    感動を一杯もらって帰ってTVをつけると
    3/11東北地方太平洋沖地震です
    現実なのか・・・・・言葉になりません
    日本はどうなっていくのだろうか? と思いが消えません
    その上追いうちをかけるように東京電力福島第原発の放射能漏れ事故
    見えない恐怖までもが襲いかかります
    チェーンメールと知らずに少しでも何かのお役に立つならと友人に送り続けたメール
    疲れていた体に精神的なものも加わり
    人間ドッグをうけに入った病院で、倒れてしまいました

    災害を受けてない人間がこんなになるのに、全てのものを失った人の気持ちは・・
    「パソコンで悩んでいる私はこれでいいのか?」どうでもいいことに又悩んでしまいます
    友人が「待っているのよ 完成しなくてもいいから 更新してよ」
    その言葉に勇気付けられて未完成のままですが更新することが出来ました

    震災の方たちへの思いを心に刻みながら、今を感謝し自分ができる事を少しずつしていくこと
    一つずつ前へ進んで行く事・・・・