バックナンバー No.141〜No.150 編

戻る


hanasaka

2010/4/20       誰もが歩く道               No.150

         昨日は暖かかったのに今日は又少し寒いです

       ♪♪ある日♪♪森の中♪♪ と軽やかに音楽が鳴り響く
       我が家の電話の受信音です

       「久しぶり!」
       「膝が痛くて治療していたんだけどなかなか楽にならず
       レントゲンを撮ってもらったら軟骨が減って骨が出てあたっていたみたい」
       「ヒアルロンサン」を注入してもらったとか
       友人は私より少し早く世の中に出てきているのだけれど、
       元気印の旗を持って誕生したのかと思うほど元気でした
       ところが、年を重ねる毎に
       笑ったりくしゃみしたりすると手を当てるのが口だけでは収まらなくなり
       ついに専門医にかかり治ったばかりです
       「でも原因がわかったし少し楽にはなったので安心」
       「気をつけたほうがいいよ〜」と親切に言ってきてくれたのでした。
       「明日はいびきが大きいので無呼吸かどうか診てもらいに行く」とか
       まあ下から順番に・・と二人で大笑い
       体の頂点まで行かないのを願ってます(笑)

       偶然にもその後、別の友人のお母さんが認知症に近い状態で、
       「性格がストレートに出てきて・・困っている」
       「普段ならば理性が働いて、
       言ってはいけない事やしてはいけない事にはストップをかけられるのだけれど」
       「でも本人はわからないから・・・とっても自然体。自分がなったらどんななるのか・・・」
       なりたくてなっている訳ではないけれど、いつ自分に降りかかるか誰もわからない
       できれば元気な時に、少しは人の役に立ち、
       時間を大切にして毎日を過ごしていければと感じた朝でした。
       

2010/3/31       ビンゴゲームの魔力              No.149

 
  
       雨の間を縫って万博記念公園に熟女7人がお花見に

       どんよりはしているが、なんとか雨は降りそうもない
       春休みで子供連れで多くの人が訪れていました
       お花見よりおしゃべり、いや、もちろん昼食です

       お目当ての館内のレストランが
       水曜日はお休みだそうです。
       そうなるとお花見どころではありません
       「何処で食べる〜」

       とりあえず日本庭園の休憩処でおやつを食べ空腹をみたし
       「どうする〜」
       「外のホテルのバイキングわ〜」
       ここも満席で1時間待ち
       待ちますよ女の人は・・椅子とお口さえあれば
       1時間なんて!”あっ”と言う間です

       バイキングで心もお腹も満たしルンルン

       帰ろうとした時・・スピーカーから「さあ次は○○番」ビンゴゲームです
       全員主婦です。もう帰らなければならないのに全員ビンゴ会場へ吸い込まれていく不思議な魔力
       さあここからは自分のカードとにらめっこです。そして、耳はダンボに
       賞品はGETできなかったけれどハラハラドキドキに大満足
       〆にビンゴゲームに参加出来、楽しい一日でした。

2010/3/22       年金の使い道それぞれ                No.148

        日帰り温泉のサウナの中で

       「やす〜いお試しのエステに行って太っていて健康に悪いとか何とか言われて通っているんです」
       「私も行っています」と隣の人
       「一回35000円で10枚綴りで30万です」
       「それぐらいしますね」

       それを聞いた私は思わず
       「効果ありましたか?」
       「いいえ!ありません」

       私と良い勝負のお腹の出具合を見て尋ねてしまいました。
       「週に何回行ってられます」
       「少なくとも週2回は行ってます」
       聞いた途端 私の頭の中でそろばんがはじいて計算しています え〜!!!!
       「子供に内緒で・・わかったら叱られます」
       「自分のお金でしているのだから言われること無いですよ」とお隣の人

       でも私は思います。
       若い人は今、年金を払っていてもどうなるかわからない不安な世の中です。
       そりゃ自分のお金だけれども、生きたお金の使い方してほしいですね〜
       サウナに入っていた私の周りの4人の内、エステに行っていないのは私だけでした (>_<)                

2010/3/13       ちょっと早いホワイトデー                No.147

 
    

       "ピンポーン”

       「ちょっと早いけれど」「はい!どうぞ」
       パソコンをしていたので、テーブルにおいて
       一時間後
       ”あ〜お腹すいた!”

       ”あっ さっき頂いたクッキー食べよ〜と”
       開けてびっくり 思わず甦ったあの事

       以前友人がパソコンで私の脳内はどうなっているか調べてくれました
       「花さかばあさんさんの脳内は全て食だったわ ふふふ・・・」
       ”当たっている!!!”
       又一人で笑ってしまいました
       明日から朝食が一段と美味しくなりそうです
       

2010/3/13        勝手きままにさりげなく                 No.146

       テレビや新聞で就職氷河期のニュースが毎日のように報道されています。

       就職難の時代・・・・
       高校卒業式を目前にしながら決まらない若者が映し出される
       不採用になるたびに落ち込んでいき「どうでもよい!」と気持ちに行き着いてしまう
       卒業式を迎える日が近づくにつれ不安は高まるばかり、見ていると胸が痛む

       そんな中、地域の人達の”何とかしなくては・・”と立ち上がり
       今まで一人で仕事をしていた人が初めて採用に踏み切った。

       有名で大きな会社ではありません。楽な仕事でもないし収入だって多くないでしょう。でも・・
       「とっても嬉しい」と語る目は
       卒業式を笑顔で迎えられる喜びと、仕事が出きる喜びとで輝いていました。
       見ているこちらまで嬉しいしがんばってほしい!
       「この若者を育てていくのに責任を感じる」
       雇い主はそう言った

       その言葉に暖かい心を体一杯感じました。
       

2010/3/7    京都〜宮島〜金比羅〜京都 900KMのドライブ     No.145                

 
       
       
       4時に起きて真っ暗な道を一路宮島へ車を走らせる
       孫が無事産まれたお礼参りと新たな誕生する孫も安産であることを願ってお守りを受けるために
       娘曰く「厳島神社と金比羅さんの安産のお守りのおかげで安産だった」と

       これは是が非とも行かねばと爺さん婆さんは体にむち打って?でかけることに。
       休日でもありましたが、雨にも係らず さすがですね〜日本三景の一つとあって人人・・人

       幸運にも厳島神社で結婚式が行われていました。幸先がいい〜
       もみじ饅頭の焼きたてを賞味し牡蠣焼も食し、心もお腹も満足です
       鹿と神社と別れ、次なる金比羅さんをめざします

       初めて渡る瀬戸大橋は天候が 雨&曇りでちょっと残念な風景でした
       傘をさし金比羅さんの階段を登る。ここもやはり人人でした。

       ここまで来たからには”讃岐うどんです。手打ちをしている古めかしい店に入りました。
       お店のお薦めの 生醤油だけをかけて食べる
       ”しょうゆうどん”を頂くがこれがとっても美味しい
       2時過ぎとあって店はがらがらです

       そこへ家族づれが「は〜い いらっしゃい!!」威勢のいい声がひびく
       「 ビールとコーヒーとソフトクリーム 」しばらくして「ビール」・・又「ビール」の注文です
       思わず「おうどんはよろしいですか?」と店の人「いいです」とお客さん
       私の後ろで落胆したお店の人の姿を背後に感じました
       帰宅は8時半 走行距離900KM お疲れ様でした
               

2010/2/24     欲ばりばあさんから脱却の第一歩             No.144                

       孫が産まれてから一ヶ月がたちました
       パソコンの前に座る時間もなく忙しく動き回っていた生活も元に戻りつつあります
       母子共に元気に過ごせたことに感謝しながら、自分を振り返る。
       あれもしたい、これもしたい、でも体は正直です。

       「花さかばあさんでは無く欲ばりばあさんみたい」といわれ
       何事でもすぐに”そやね”と思えない私ですが‘うまく言うね〜”と感心してしまいました。
       思っていても出きる事には限りがあることを最近つくづく感じます。
       いろいろ考えて
       中断する期間はあったけれど10年近く学んだ英語ですが今日でピリオドをうちました
       とっても爽やかな気持ちです
       よくここまで成長したと自負して終わりました。

       年を重ねる毎にシンプルライフをめざす事に決めました。
       何が大切で、何がいらないかを見極める
       何を減らすかが問題ですが
       なかなか乗り越えられないのが体重・・・なんですが・・・何か良い秘策はないでしょうか・・
       

2010/1/21     お姉ちゃんになった日              No.143                

       早朝2:00携帯電話で起こされる
       陣痛がはじまり病院へ車をはしらせる
       一人にはしておけないので眠いのをこらえて孫も一緒に部屋にはいる

       娘のベットを挟んで私と孫が向かい合う
       孫が私の方を見て”ママが私の服をきつく引っ張っていて離さない”とジェスチャーと目配せで訴えている
       ”あ〜くるしいんだな〜”と どうする事も出来ず背中を摩っていると
       「あ! 抜けた!」
       見ると先ほどからぐらぐらしていた乳歯が一本 孫の手に
       このややこしい時に (>_<)

       「ガーゼ持ってきますね」と助産婦さんが袋を添えて持って来てくれました
       無事出産し、服を引っ張っていたことを娘に話すと
       「手が細くて折れそうだったから服を持った」のだと言う
       あの状況でもわが子を思う気持ちはやはり母は強しです
       夜になり帰ろうと病室を出る時

       「ママも一緒に帰ろう」
       赤ちゃんが産まれたら一緒に帰えれると思っていたらしく泣き出しそうです

       「赤ちゃんもママもつかれているからゆっくり休ませてあげよう」
       「私おばあちゃんが一番疲れているみたいに見えるけど・・」
       と一言ポツンと言った言葉に
       ”あ〜 子供は正直だな〜と思うと同時にお姉ちゃんになったんだな〜”と感じました

       早朝2時〜夕方の5時まで起き続けていると、心配と喜びの緊張感から開放され
       元気印の私もさすがに疲れました。 
       大きな産声を上げてこの世に誕生した子は、私の還暦祝いが出きるように予定日を5日遅らし 
       当日も主人が山へ行けるように、早朝に入院し、早出の夜勤だった婿は仕事を終えてギリギリ出産に立ち会えました 
       思いやりのある赤ちゃんに感謝そして乾杯!!  お疲れ様でした 

2010/1/17     ハッピバースデー                No.142                

       いつもの私の誕生日は自分の好きなメニューの夕食を作るか外食ですが
       還暦という事もあってこんなステキなプレゼントと食事会を企画してくれました
       感謝!
       

2010/1/14  ツララ♪ツララ ♪ツラウラよ〜♪  バスツアー(その2) No.141                


       カラオケ好きのメンバーは3時間半歌い続けすっかり歌手気分
       「最後はこの歌でしめよう」

       「ほら! ウララ ウララの歌」
       曲目が誰も出てこない
       「あれかな?これかな?」
       それらしき曲目をさがして
       「あ〜きっとこの曲だと入れたのは”どうにもとまらない〜〜”です

       「灯りを暗くして〜」
       「何で〜」
       「恥ずかしいから」
       まだまだ女性を捨てていないなこの人は・・・
       皆で歌いだすが、アップテンポの曲 歌詞を追うのが精一杯で、ナント一文字づつ送れて全員が歌っている

       暗くしてよかった(>_<)
       曲がなんとか終わったと思いきや

       「ウララが一度も出てこなかったね」
       「えー違う曲歌ってたの」
       ハイ!ここでまたまた 爆笑です:::今熱唱してたの何???:::
       タイムリミットは後5分です

       疲れ果てているメンバーを尻目に ♪狙い撃ち♪ を予約する私 
       すぐさま曲が流れると「HEY!」と出てきた文字が英語にもかかわらず元気一杯歌いだすメンバー 
       終わってから又爆笑 おかげで私の目じりは涙が出すぎて 今尚赤くただれてしまいました