バックナンバー No.121〜No.130 編

戻る


hanasaka

2009/11/15  四国の旅のまとめがなかなか進みません(*^_^*)       No.130                

       旅から帰った時は、感激や行った先も頭に入っていたのですが、
       日がたつにつれ、一日目は何処へ行ったのか?五日間の行程がごちゃ混ぜです。
       メモを片手に地図を広げながら、うすれゆく記憶と葛藤しています。

       なのに相変わらず出歩いているので、ちっともまとまりません
       体力も自分を大切にするあまり、夜は以前のように出来ず”明日がある〜”なんて寝てしまいます。
       今までなら”今日する事は明日に引きずらない”精神が変わってきています。

       丸くなったのか、根気がなくなったのか・・・
       

2009/11/10         四国一周の旅          No.129                

     
       11/3〜11/7にかけて主人と二人で四国へ行ってきました。
       天気に恵まれ、美しい秋の空と一緒の旅でした。
       友人からは、「信じられない〜主人と二人っきりで5日間も(>_<)」と言われましたが

       四国の美しい自然に囲まれての旅はけんかなんてしている間もないほど感動の連続でした。
       自然が織り成す岩の芸術、現存する城、加えて四万十川をはじめ、海、川の透明度や色、とっても綺麗でした。
       又思いやりある地元の人の親切にも心温まりました。

       こんな不思議な事もありました
       旅行前に京都から九州に転勤した四国出身の友人に観光情報を教えてもらっていたので
       四国に入った日にメールで連絡
       「楽しんできてください」と返事が返ってきました
       いよいよ最終日金比羅さんです。
       友人が薦めていてくれていたのは何処だったか忘れてしまい電話しました。
       「今何処ですか?急に香川に来る事になり、今実家にいます。会いませんか?」
       ”エー まさか〜数日前のメールを交わした時は九州だったのに・・・”

       もちろん会いましたよ〜 具が一杯入った美味しい讃岐うどんをご馳走になりました。
       お土産にその方のお母さんから思い出の洋服で作られたステキなテッシュカバーを頂きました。
       旅の最後に、こういう人生が送れたらいいなあ〜と思う人に出会えたとっても感動一杯の旅でした。
                                                                    

2009/10/29        カラスの逆襲          No.128                

       今日は何の日♪♪〜 一般のゴミを出す日です。
       近所の奥さん3人でおしゃべりしていると
       ガサガサもの音がします。
       カラスがネットの上からゴミをつついています。
       私達が近づくと、さっと逃げていきました。

       しばらくすると又低空飛行でゴミ置き場に来ます。
       「この間、ネットをかけてあったのにゴミが散らばっていたのは、ネットの慣れてしまってカラスがつついたんやね〜」等
       久しぶりに会ったので、話がイヌや孫の話と、盛り上がって入るところに、もう一人の奥さんも加わりカラスの話をすると
       「気をつけないと、友人がカラスを針金のハンガーで追い払ったところ、
       後日洗濯物を干していたら、カラスが目の前を行き来し反撃しに来たから」
       私達は、年齢と共に記憶が薄れていきますが、カラスは記憶してます。
       教訓・・追い払う時は「シッシッ」と声で追い払いましょう
       その時、我が家の窓からお茶碗の洗う音がしてきました。
       「ご主人偉いね〜」とお隣の奥さんに褒められて気持ちよく、全員解散!!!

               

2009/10/20        あなたはだあれ?タヌキなの?          No.127                

       退職記念に頂いた豪華客船のナイトクルーズのチケット。
       茨木駅から特急に乗り替えた電車でタヌキ?と遭遇!

       ラッキーな事に座れた私は、何気なく前を見ると黒いニットの帽子を深くかぶり♪♪片手に鏡〜片手にアイシャドウ〜♪
       揺れているのにその見事な手さばきと行動に目が点になりました。
       塗って塗って又塗って・・(キンカンじゃないって)何回繰り返しているのだろう。何処まで塗るのだろう目が離せません

       「ちょっと見て、最後どんな仕上がりか見てみたいわ」と呆れながら言うと
       「終点まで乗らないと見られないんと違う?」 ”まさか”
       次駅の十三で降りなければならないのに、まだ塗り続けている。
       顔を上げた!!!  アッ!  目の周りが真っ黒でどれが目か分からない。
       かすかに白い部分が見えるだけです
       タヌキの方が可愛いらしい。
       この娘はどんな目にしたいのだろう。人前でしてはいけないことを永遠続けている
       もうすぐ終点の梅田ですけれど・・・・仕上がりますか? と心で問いかけ電車をおりました。

       豪華客船ナイトクルーズは、本当の美しさに感激。
       今までに味わった事のない感動に包まれて、興奮冷めやらぬまま帰宅しました。
       

2009/10/04        お月見鑑賞会  於 植物園            No.126                      

     
       昨夜、植物園で開催されたお月見コンサート
       ラジオからの情報で知り、コンサートを聴きながらゆっくり秋の夜長を楽しもうと行きました。(*^_^*)

       入園するやいなや人・人・人です。
       まず天体望遠鏡で月を見て感動し会場に足を運びましたが
       グランドは人で一杯でした。

       人波の間をくぐり抜けやっとシートを敷いてお弁当を食べたのですが暗くて何をたべているのか口に入れるまで、分かりません
       携帯電話にライトの機能がついていると思い出し、ボタンをあちこち押すが、暗い中での操作
       結局役に立たず (>_<)
       年齢と共に必要な時に便利グッズが使え無い事が多くなりました。

       美しい音色に包まれ、暗闇ではお月様だけが目に入り、うっとり(^^♪
       女性のボーカリストの美しい声が会場一杯に広がります

       ボーカリスト ”はとムギ・玄米・月〜見〜草”
       観衆が すかさず ”爽健美茶”と続く (大爆笑)
       その女性、なんと!  このCM♪♪も歌っていた人でした。
       もう一曲は ”ダバダー ダバダー アーアアア↑ ”というインスタントcoffeeのCMも。
       これをきっかけにステージと観客は一体化

       終演ちかく月は雲にすっぽり覆われてしまいました。
       出口付近で ”朝顔”でなく”よる顔”初めて見ました。
       こうして秋の夜を最後まで楽しむ事ができました。

< 2009/9/20        こころあたり                    No.125                

       SKYフェスティバルでもらった川柳サークルの投票用紙。
       「15作品から3つ良い句を投票してください。」と書かれていた。
       私が選んだ作品は        

     ”捨てる服いつか着るわとまだ未練”
        ”この頃はすすんで妻に利用され”
           ”われ忘れ友の老化が気にかかる”

       我が夫婦の事を詠まれたようで主人にそっと見せるとニタッと笑っている。
       川柳大好き!

2009/9/17        男性それとも女性                  No.124                

       「今通った人男の人か女の人かどっちと思う?」
       車の中から見えた人を見ておもわず横にいる友人に話しかけました。
       顔は?服装?歩き方?髪型?持ち物?いずれも見分ける決定打にはならない。
       自分もおじさんと間違われないように、加齢と共に気をつけているのですが・・・
       男女の見分け方が難しくなっているように思います。
       男女ともロング・ショート、指輪イヤリング、メーク、果てはスカートまでOK
       顔の方も男性はやさしく華奢になり、女性は勇ましくなりつつあるように感じます。
       数年後、後ろから「おじさん!」と呼ばれないように、もし前から言われたら最悪です。
       そうならないように日々努力しています。
       努力が報われますように・・・・。

2009/9/3  青春18切符 〜城崎温泉編 俳人との出会い〜     No.123                

         青春18切符が使えるのが9/10迄
         もうこの日しかないとばかりに8/30城崎温泉へ
                  温泉情報へ 
         家を7時過ぎにでて、到着したのが11時28分
         夏休みが終っているせいか電車も空いていました
         福知山で乗り換えた電車の中でお隣に座った女性が京都から18切符での旅でした。
         ところが、経路がちがったので1時間も早く家を出発されたにもかかわらず、なぜか同じ電車に乗り合わせたのでした。
         私よりも10歳以上年上なのに、カメラを片手に撮影旅行です元気!げんき!でもうびっくりです。
         個展をひらかれたとか、意気投合し会話はとどまる事をしりません。
         乗り過ごさないように、時折駅を確認しながら(女性は話し出すとよく乗り過ごします)
         城崎の温泉は3つ入りましたが、暑い時期とあって貸切状態で贅沢この上なし内緒で写真をパチリ
         帰りの電車も京都までご一緒して楽しい話に花を咲かせ楽しませてもらいました。
         話の中で俳句の本を出版されている事を知り
         帰って早速インターネットで検索・・ありました!俳句集が、オークションでゲットしました
         本が届くのを心待ちにしています・・この出会いローカルの旅の醍醐味です

2009/8/13  青春18切符 〜下呂温泉編〜                No.122                

         主人毎日が日曜日になっても、休みにならないと出かけられない現実があります
         子供の送迎に、ももちゃんの散歩があるからです。
               青春18切符を使ってお盆休みに下呂まででかけました。
         温泉情報へ 
         私は一度18切符で旅したことはありますが友達にまかせっぱなしでした。
         前夜から二人でパソコンで時間を調べ準備に余念がありません。
         「何番ホーム」「こっちと違う!」と珍道中
         温泉に入り、郷土料理を食し
         楽しいはずの旅も疲れてくるとケンカになりそうです。
         乗り換え4回。階段の上がり降りはよい運動になります
         でも帰りの荷物は重く感じ
         体力の無さを知る旅でもありました。
         でも達成感があり、何より安い18切符にはまりそうです。
                  

2009/8/10  佐用町の水害                         No.121                

       
         昨日、今日とニュースで報じられている佐用町の豪雨による被害
         丁度一週間前に佐用町のひまわりを見に出かけたところです。 ひまわり畑のページへ 
         「佐用町、佐用町が・・」とテレビから聞こえてくると自分の事のような気持ちになります
         ひまわりが咲き乱れその横には川が流れていて、
         のんびり散策したところが、たった一週間で様変わり
         土砂に埋まったり、不幸にも死者まで出ている。お店や住宅が生活できない状態
         なぜ?
         一日も早く元の生活に戻れるように祈らずにはいられません。
         佐用町のみなさん頑張って下さい。