過去の記事を載せています (日付の上でクリックご覧ください)
2008/05〜2008/09〜2009/01〜2009/05〜2009/08〜2009/11〜2010/01〜2010/04〜
2010/10〜2010/12〜2011/04〜2011/05〜2011/08〜2011/09〜2011/11〜2012/01〜
2012/03〜2012/04〜2012/05〜2012/06〜2012/09〜2012/11〜2014/3〜2014/7〜
2014/12〜   2015/10〜   2016/5〜
北海道1
2017/5〜
北海道 2
2018/4〜        
 

No.10-2  2019/4/4(水) 孫と一緒に春休みを楽しむpart2

「おばあちゃん案内したげる」「何が見たい?」
あ〜いよいよ名実共に爺さんばあさんだ〜
動物園は整備され以前のような岡崎動物園ではないです
あちこち歩き回って、そろそろ疲れがピーク お腹もグー
「僕がご飯食べる場所案内したげる」と先を行く孫

着いた先は、桜も日陰もベンチもある絶好の場所でした。
時折、小鳥も飛んできています
「かくれんぼしよう」食後休むまもなく動き回る 
ついていけない(泣)
「おばあちゃん足がいたいから」
「そしたら、めをつぶって30読んで」
遊びもあわせてくれるんだ


一年生の子が主人のカメラに興味を持ち出し 
僕撮ったげる。「二人桜の前に立って」と写真家気取りでパシャ!
構図も良く綺麗に撮れてました
「カメラ欲しい」と言い出し
今日もソフトクリーム食べずに「いいの?360円貰っても?」
後日談・・・娘によれば「しっかり貯金箱に入れているし、
先日、映画につれてもらった時もポップコーンの変わりに”チャリ〜ん”と貯金箱
但し、ポップコーンはお兄ちゃんの分を一緒に食べたそうです。
もしかして??
アイスクリームは我慢でなく好みではないのかも?
疑問が・・・湧いてきた私です

No.10-1  2019/4/3(火) 孫と一緒に春休みを楽しむpart1

 小学生1年と3年生の男の子二人と青少年科学センターとエコステーションへ
 ジジババが居なくても兄弟仲良く遊ぶ姿に成長したのを感じました
   
  ちょうちょの観察室でもルールを守って見ていましたよ
  気に入らないと自分の非を認めなかった子が・・・驚きました


帰り際にリュックがないのに気づき
センターの2箇所を自ら走ってあちこち探しに行く
エコステーションに置きていた忘れたかばんを見つけてホッとしたのも束の間
事件です!
何を思ったのか、リュックの中に入れておいた140円の確認をしだしたのです
その小銭はお兄ちゃんがアイスクリームを食べた時、
「アイスクリーム食べたくないし140円もらっていい?」貯金の為に受け取った大切なもの
ところが手元から10円玉がコロコロと畳の隙間に入った!
孫の悲しい顔を見て、力の限り畳を揚げようとしましたが、力不足!
諦めつかない孫に「10円あげるから帰ろう
「係りの人に頼んだら」と孫は言う・・・・結果快く取り出してもらえました
大きくなったね〜

No.9   2019/3/24(日) 22ポイントの大活字文庫

私は図書館で本を借りる時まず
返却された本が置いてあるコーナーを最初に見ます
”みんなどんなほんを読んでいるのかな〜”
手にとって開くと
  大きな字にびっくり! 
(左下は普通の本)           (右上が大活字の本)


メガネ無しでOK!
阿川佐和子、浅田次郎、西村京太郎、東野圭吾等々、沢山出版されています
本が大きくちょっと重いのが難点かな
一度お試しあれ


No.8    2019/2/21(木) 日野ひなまつり紀行


21日から2泊3日で滋賀県甲賀にある”かもしか荘の温泉にきています
宿は3時がチェックインなので、ちょっと寄り道
日本最古の雛人形や各家で大切に守り続けられた雛人形たちの
晴れの日です 随所に工夫がされていて見事です
    

宿は4〜5人泊まれる部屋なので広〜い
部屋の窓越しに見える景色はカーテンが額縁になりまるで絵画のようです
    

食事は、もっとすごい フルコースをいただきました
それから花火・イルミネーションのサプライズ


No.7    2019/2/14(木) バレンタインディ



バレンタインデイに高1の孫から主人・同居している息子と私に
       こんな可愛い熊さんのプレゼントです
寛ぎ・困っている・おすまし?
それぞれの鼻と目の形で表情が変わって見えます

思えば2、3才の頃 私と留守番していて
ママがいないとわかると
 
玄関のドアを”ドンドン”たたいて泣き叫んでいた
雨でもないのに長靴を履いたまま泣き疲れて、
立ったまま寝てしまっていた幼児がと・・・
感慨と共に又年齢を感じてしまいました

さて、本命はどうかと探りを入れて見ますが・・・
男子に渡さず ”エッー”
クラスの女子が皆でお手製を持ち寄り交換するそうです
両手を広げて「こんな一杯になった」と嬉しそうに話してくれました
クラブの人含め30人分準備したそうです
学校生活を楽しんでいる様子を見てこちらまで嬉しくなります<




2019年2月10日(日)
よしもとお笑いまつりスペシャルin高槻2019 (大笑)


出演:矢野・兵頭/ギャロップ/とろサーモン/霜降り明星/
尼神インター/ミキ/○○/ 2017・2018のM1グランプリと
ファイナリストという豪華メンバー。
駅から会場へ歩いていると突然!若い女性が「キャー」
と私たちの横をすり抜け猛ダッシュ 「何事か!!」
目の前に”せいや”が歩いていたのを見つけたのです
ピースのポーズに笑顔で写真、握手にも快く応じ
大喜びのファン。いいね!
とってもフレンドリーな”せいや”高感度UPです
それにしてもファンってありがたいですね〜
東京や熊本から駆けつけた人がいたんですよ(驚)
私が、お目当ての兵頭の時間が短かったのが残念でしたが
夫婦でこんなに笑いのつぼにはまったのは、始めてかも・・・
笑いすぎて、帰りは疲れがどっと「あ〜 年齢を感じる〜」


2019年1月25日(金)
「ようこそ お越し・・・」そして「感謝」です

亀岡の料亭に豪華ランチがリーズナブルで食事が出来る
との情報を得て友人四人で車を走らせました
店先に置かれていたこのお人形。
「ようこそお越しいただき・・・」の言葉が横に添えてありました
笑顔を誘いお客様をお迎えしている気持ちが伝わってきました
案内されたのは、ランクが上の部屋でした
不思議に思い私たちは何回も「ランチですが」と確認しました。
後になってわかったのですが
友人のご主人が知りあいというので配慮してもらったみたいです
食事はもちろん超一流でとっても美味しかったです
素敵な時間が持てて、メンバー一同ご主人様とお店の方に感謝です

2019年1月17日(木)
お誕生日おめでとう

プレゼントは なん〜だ!
夫からは自撮りができるデジカメを
息子からは「兵頭が出ているし」とボソボソ言いながら
”吉本お笑いライブ”のチケットを2枚手渡されました
昨年はお洒落なワインだったのに、今年は何故お笑い?
以前、夫がレンタルで兵頭のビデオ借りてきて
「面白い」と勧められて見たのがきっかけで大好きになったのを
見ていないようで知ってくれているんだ
と嬉しくもあり、感心した誕生日でした

2019年1月9日(水)とっても寒い
小田和正 20th Anniversary
大阪城ホール
昨年、主人の誕生日プレゼントに、CDとチケットを息子が準備してくれました。
6/18は、大阪府北部に大きな被害をもたらした地震あり 
公演は延期になり、この日になりました

3日前にも川を挟んだ向こう側のコンサートホールに来たばかりです だけど今日は特別寒いです 電車から見る山は真っ白でした
会場に入ると何処から来たのかと思うくらい超満員で立ち見席までありました
私はスタンド席なので全体が良く見え光の演出がクリスマスのイルミネーションのようでした
小田和正が登場すると、私の前の女性がすくっと立ち上がりました ひとさし指を立てて・・・
「エッー 良く見えていたのに前が見えない。」
アリーナー席の人は総立ちですが・・
主人と場所を交代してもらう
立ちたくても足が痛いから立てないのです

72才とは思えない歌声にギターにピアノ演奏・観客席に下りて合唱とパワフルです 休むことなく3時間。
主人も私も伸びやかな声にうっとり。 
足の痛みを忘れ私も    Stand up!
鳴り止まない拍手にアンコール曲の他に「この道を」急遽 再演奏 「次回も会いましょう!」今回で終るはずが2019年もツアーを・・と言うことで 翌日「コンサートをする事が朝のニュースで流れていた」と、主人は私に興奮気味に嬉しそうに言ってました

足が悪いのでスタンド席を予約してくれたのだと思っていたのですが、息子に聞くと、抽選で何処になるかわからなかったそうです 私はラッキーだったのです
アリーナーや立ち見席なら、3時間も耐えられない(泣)

帰宅は11時過ぎで眠いのだけれど興奮して寝られませんでした  この日も夫婦だけなら経験できなかった事をさせてもらったと二人で帰宅後、息子に心から”ありがとう”


2019年1月6日(日)
ゴンチチ新春生音三昧2019 
大阪いずみホール

私が好きなゴンチチのコンサートに息子が招待してくれ、主人と三人で行ってきました
クラッシック専用ホールなのでギターの繊細な音色が会場を包みこんでいる
奏者が酔いしれ、楽しみながら演奏している姿は曲を通じて、こちらに伝わってくる
二人のほんわかした、さりげない会話でプログラムは進んでいく
リラックスしながら聴き入る
生演奏の感動を心に三人で外食して帰宅
息子に感謝です ありがとう 




2019/1/1(火) 快晴 元旦
今年はおとなしく過ごします